【2020/06】Googleアドセンス合格

アフィリエイト・副業
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ブログを立ち上げてからGoogleアドセンスに合格するまでの経緯を書きました。

ASP広告貼りまくり健康美容系YMYLに該当する(?)ブログでも合格できました。

また「コンテンツが存在しない」で悩まれている人に向けて、コードを消したらうまく行った経緯も記載しました。

申請時の様子

※Googleアドセンスですが、アカウントは既にあるので新規ではなく追加申請です。

5/20に申請。当時は5記事くらいでした。プライバシーポリシーとお問い合わせ設置済み。サイトマップをGoogle Search Consoleに送信済み。WordPressテーマはCocoon。

1回目の結果が来るまではひたすら記事を書き続け、20記事超えるようになりました。

また審査が遅い場合は、お問合せを活用しました。

1回目の結果「コンテンツが存在しない」

コロナの影響なのかずっと「承認手続きを進めています」のまま。2週間後の6/4にようやく結果が返ってきました。

価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない

本当にGoogleにコンテンツが存在しないと認識されていないのか、あるいはサイトを立ち上げたばかりだからなのか。最も広告貼りまくりなのでそこが引っ掛かっているのかもしれません。

それでも広告は外すつもりはなく、何も修正せず再申請しました。あとはGoogleサーチコンソールで再度URLを送信したくらいです。

追加サイトなので緩いだろう、と思っていたのも事実です。

また審査が長引いているので、ちょっと気になっていたhead部分のコードを外しました

head部分のコードを外すとは

アドセンスと紐づけるため、審査用のコードをHTML( headタグの間)に、このコードを貼り付けて下さい、という <script data-ad-client=”ca-pub-123456789012****” … で始まるコードです。審査の段階で貼り付けしていると思います。

その他に、審査中になったら「広告ユニット単位」から「ディスプレイ広告」→「レスポンシブ」で広告コードを取得し、記事下やサイドバーなどに貼り付けていました。 <script async src=”… で始まるコードで、上記のコードとは異なります。

審査中はこの2種類のコードを貼って審査に出していましたが、 Twitterや他サイトを参照し、headタグの <script data-ad-client=”ca-pub-123456789012****” … を削除しました

というのもこのコードが原因でコンテンツが存在しないと言われる可能性があるからです。

結局、”ca-pub-123456789012****” がサイトのどこかにあれば、審査に影響はないのではないかと思っています。

2回目ですぐに合格

6/12 2回目で合格いただきました! 6/4の再申請から1週間ちょっとですね。

「コンテンツが存在しない」はブログの内容というより、headコード説の方が可能性高そうですね。これで不合格になった方は、記事内やサイドバーのレスポンシブ広告は設置し、headコードは削除して審査に出してみてください。

ASP等の広告貼ったまま申請も何も問題なさそうですし、健康美容テーマでも通りますね。

ちなみに、こんな感じで広告貼りまくりです。

ボディショップ好きが選ぶ おすすめBODY SHOP商品10選
THE BODY SHOP ザ・ボディショップ好きが選ぶボディショップおすすめアイテム10選です。ボディバター、リップクリーム、ボディクリーム、シャンプ―リンス、オードトワレ、ボディスクラブ、ハンドクリーム、シャワージェル、福袋(ラッキーバック)などについて紹介しています。
バター好き必見!海外輸入バター10選
バター好きのための海外輸入バター10選です。全て通販、お取り寄せ可能です。エシレをはじめとしてフランスやニュージーランド産バターを紹介しています。発酵バター、グラスフェッドバターについても解説しています。

無事に合格できて一安心です。また、Googleアドセンスの導入を考えている方は、少しでも早い方が良いです。

年々アドセンスの基準は厳しくなっているため、ブログを始める始めない、継続するしないに関わらず新規申請だけは通しておく方がおすすめです。

Amazonアソシエイトも以前は商品を売らなくても審査可能だったそうです。他のアフィリエイトプログラムも登録だけしておくのも手かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました