成功者の食生活 ~成功したければ食習慣を変える~

成功者の生活習慣
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

成功者は非成功者と異なる食習慣を保っている場合があります。成功したければ、まずは真似るところからはじめましょう。

ここでは、成功者の食習慣についてまとめました。

1日1食

タモリや水谷豊、京本政樹、ビートたけしは1日1食の食生活を続けています。ダイエット目的というより、その方が体調が良いからという意見が多く聞かれました。

1日1食は胃が楽になり、また睡眠前に食べ過ぎを防げれば良質な睡眠をとることも可能です。ただしリバウンドしやすい体になるため注意が必要です。

炭水化物抜き

GACKTの食生活は1日1食だけでなく、炭水化物も摂らないことで有名です。ラーメンは1年に1回、パンは数年に1度、米は20年食べていないというストイックぶりです。また血糖値の急降下、急上昇は集中力にも影響を及ぼします。良いパフォーマンスを発揮したいのなら、血糖にも気を配るべきです。

また糖質制限はダイエットとしても注目を浴びています。糖を制限することで血糖値の急上昇を防ぎ、インスリンの分泌を抑えることからダイエット効果が期待されています。

なお、糖質を脂質によって制する高脂質食ダイエットという方法もあり、ラルクのHYDEが実践していました。高脂質食ダイエットの金森式については別記事でまとめています。

【体験談】金森式高脂質食ダイエットを実践してみた
金森式ダイエット、高脂質食ダイエットに取り組んだ体験談です。実際痩せたのか、体重は落ちたのかについて記載しています。高脂質なので牛脂や油を摂ることが大切です。

ながら食べをしない

食事の時は食事に集中し、ながら食べをしません。ついついスマホを見ながら食事を食べたりしていませんか。食事の味や風味を楽しみましょう。

食事を落ち着いてすることで、良いビジネスのアイデアも浮かんでくるかもしれません。食事で頭を切り替え、失敗などを後に引きずらないのもポイントです。

よく噛んで食べる

よく噛むことは消化吸収を助け、肥満予防にもなります。また脳の働きを活性化するため、ビジネスにおいてパフォーマンスを発揮できる一助になります。

早食いが癖になっている方は、口に入れたら箸をおいて食べるようにしましょう。噛む回数を意識して数えてみるのも良いでしょう。

まとめ

成功者の食生活といっても、ダイエットに繋がる要素がたくさん含まれています。また、こうなりたい人物や憧れる人物がいれば、その人の食生活を真似して取り入れてみるのも一つだと思います。改善できるところから、改善していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました